諏訪ノ森,浜寺公園,堺市,女医,女性院長,女性歯科医師,イオン,歯科

諏訪の森まさむねデンタルクリニック

諏訪の森まさむねデンタルクリニックのコンセプトについて

諏訪の森まさむねデンタルクリニックの方針・取り組み

私たちは『出来るだけ歯を削らない痛くない治療 抜かずに歯を残していく歯科』をモットーに全国的に展開しているみちのくグループに加盟しております。

また、当クリニックの診療の特色としましては…

  1. ショッピングセンター内にあるので、女性やお子様が通いやすい歯科医院です。
  2. 土日も診療しています!お勤めの方や通学中の学生さんも通いやすい診察時間です。
  3. 毎回診療時間をゆったりと長めに取り、歯科医師がじっくりとカウンセリング&治療いたします!先生が他の診療台を行き来する忙しいクリニックが嫌な方、ぜひお越しください。
  4. インプラント治療相談は無料です!(必ず事前に電話予約をお願いします)セカンドオピニオンを受けたい方(インプラントを他の歯科医院でされた方など)、他の歯科医院で出来ないと言われた方、興味はあるが怖い方など、いつでもお気軽にご相談下さい!
  5. 出来るだけ歯を削らず、出来るだけ歯や神経を保存していく治療を各種行っています! (全く削らないことや神経を抜かない等を保証するものでは御座いません。最低限の侵襲を目指した治療という意味です)

女性やお子様、ご年配の方まで安心して歯の治療を受けていただけるクリニックを目指し、スタッフ一同一丸となって頑張っていきますので、どうぞよろしく御願いいたします。
ご来院を心よりお待ち申しあげております。

アクセスマップ

住所

〒592-8347 大阪府堺市西区浜寺諏訪森町西2丁目79-1 イオンタウン諏訪の森2階

アクセス方法

諏訪ノ森駅すぐのイオンタウン諏訪の森の歯科医院です!!

諏訪の森まさむねデンタルクリニック

ドクター紹介

理事長・歯科医師…たかむら のぶひろ

メッセージ

初めまして、
理事長の高村 惣裕(たかむら のぶひろ)です。少し私の自己紹介をしたいと思います。

私は平成22年に歯科医師になり、大阪大学で研修を受け、大阪の梅田、本町といったオフィス街で日々診療をしながら、週2日は茨木のクリニックで子供やおじいちゃん、おばあちゃんを診療するという生活を三年間続けました。

オフィス街での診療は夕方からが本番です!
17時を過ぎたあたりから、21時前までひと時の休みもないまま患者さんを治療していきます。
ここでたくさんの経験をさせてもらい、技術的にはすごく向上したと自分でも自負しています。
ただ私自身は、茨木の住宅街の真ん中にある、時間がゆったり流れており、患者さんやその家族と関係ない話などをすることがとても楽しかったので、お世話になったオフィス街の院長には大変申し訳なかったのですが、28歳という、やっと右と左がわかり始めたころに、堺にある深井の住宅地の真ん中で、開業させてもらいました。

正直、楽しかったです・・・
まったりと時間が流れ、患者さんがおやつを差し入れくれる笑
患者さんも順調に増え、スタッフも仲良し、私自身結婚もし、公私ともに順調でした。

そんな矢先にとある患者さんから、自分の父親が胃瘻をしているのだが、なんとか口からの食事に戻してあげたいという依頼を受け、初めて往診というものを行いました。
施設にいき、なにかと制限された中で患者さんの総入れ歯を作り、少しずつ訓練を重ね、最終的には要介護5から要介護2まで改善するまでになりました。
もちろん私の力ではありません、本人が治したいという気持ちを強く持ち、家族や施設のスタッフさんたちが協力することで叶えられたのだと思います、私たち医者はその治りたいというお手伝いをしているに過ぎないということに気づかされました。
それからは訪問診療にも力を入れ、内視鏡の勉強といった技術の向上はもちろん、いろんな施設や居宅に行かせてもらい、堺でケアマネージャーさん向けに勉強会を開くようにもなりました。

ただ、往診を行っている中で、いつも引っかかることが1つありました。
それはなにかというと、患者さんの家族から電話があり、今日は体調が悪いのでお休みさせてくださいといわれることがちょくちょくありました。
歯科という分野がどうしても優先度が低いという事実を物語っているということでした。
昔の言葉らしいですが、

歯医者、眼医者が医者ならば、蝶やトンボも鳥のうち。

という言葉もあったそうです笑

初めて聞いたときはうまいこというなぁ・・・と感心しました・・・
話はそれましたが、歯科業界全体に感じることですが、歯医者に来院される患者さんは、平均して4歳~75歳くらいかなぁと自分では思います。
ただそれ以前もそれ以降も人生はあります。
そこには生と死があります。私は医者でありながら生と死についてあまり関わってこなかったと気づきました。

そこで私の考えは色々変わりました!!

小児科や産婦人科の先生に話をきき、訪問看護やターミナルケアについて勉強や見学に行き、それだけでは足りないと、養護施設や障害者施設にも勉強をしにいきました。
たくさんの現場をみて、さらに考えを改めるようになりました。

マイナス1歳(お母さんのお腹に宿ったとき)から命を引き取るまでという全ての人生に関われるような医療人になろう!!
そういう考えを持てるような人材育成のできるグループになろう!!

そこで今回、堺の住宅街にあったクリニックを知り合いの先生に譲渡して、新たに法人を立ち上げることになりました。
まだまだ、これから少しずつ夢を形にしていくところですが、皆様よろしければ、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします笑

以上、理事長からのご挨拶でした。

院長・歯科医師…たかむら のぶひろ